畳張替えの各作業工程における料金相場

畳の表面の汚れが目立ち、傷んでくると、新しい畳に買い替える他に、畳の芯材を覆っている畳表とよばれる表面を張り替える畳張替えを行うこともできます。さらに、畳表は裏側になっている部分を表に出して使用することができるので、一度も裏を返していなければ、裏返しの工事をしてもらうこともできます。裏返し工事は、縁だけ新しいものと取り換えるので、1帖4,000円前後の料金で行えます。畳縁は、300円程度からあり、別料金になっている場合や、標準仕様の縁であれば、工事料金に含まれる場合もあります。畳表を新しくする工事は表替工事と呼ばれ、賃貸住宅用には6000円ぐらいの価格の工事が提供されています。一般住宅では使用するワラ材の品質の違いで、1帖10,000円から高級なものでは25,000円程の工事が提供されています。

畳張替えのタイミングと使用材の料金をつかみましょう

畳はフローリングの床に比べると、クッション性があり、適度に湿気を吸収したり発散したりしてくれるので、フローリングとは違った気持ちよさがあります。しかも畳の痛みが気になってくれば、裏返しや表替といった畳張替え工事ができるので、一度購入した新畳は長く使用することができます。畳は、日当たりや通気性などの環境や使用頻度によって、傷み具合は異なってきますが、裏返しを行う場合は、3年前後を目安にするとよいとされています。裏返しをしてさらに3年経てば今度は表替の目安となります。表替を行う際に選ぶ畳表の材質は上質で丈夫なものであれば料金も相応に高くなりますが、それだけ長く使用することができるようになります。張り替えたばかりの時の畳の感触や風合い、弾力等をよく確認しておいて、畳の変化に関心を持って見ていきましょう。

畳張替え時には着目しておきたい畳床の種類と相場

畳は、裏返しや表替を行っていくことで、長く使用していくことができますが、畳表のワラ材やクッションの役割を果たしている畳床の材質によって、耐久性はさらに異なってきます。新しく購入した畳は畳張替えを行いながら長く使用していきたいと思えば、購入時に畳床の材質についてもよく検討しておくとよいです。畳床は畳表に包まれていて、見えない部分ですが、すべてワラが使用されているワラ床と、ワラの中にポリエチレンを挟んだワラサンドと呼ばれる床と、全くワラを使用しない木製のボードで仕上げられた床があります。ワラを使用しないボードの床で5,000円ぐらいの料金からあり、ワラ床やワラサンド床は7,000円前後が相場となっています。ワラの材質を高級なものにすると、30,000円程までワラ床には種類があります。